【戯画】キスベル



それは、秋の終わりを迎えようとした頃の事。
主人公の通う学園には少し変わったイベントがあった。
学園内で開かれる、有志によるクリスマス会。
その有志のリーダーは毎年、新しく就任した生徒会長がつとめるという伝統があった。

主人公、江田市生は文化祭で騒ぎを起こしてしまい、その責任を取る意味でもボランティアとしてそのクリスマス会に参加する事になった。

皆におだて――もとい、頼られ就任した新会長。
その親友の物静かなクラス委員。
主人公の理解者であるお祭り好きの先輩。
真面目で主人公の騒ぎに巻き込まれた風紀委員の後輩。

新しい会長は、真面目で頑張り屋だけどどこか抜けていて。
クラス委員の子は、そんな親友を心配しつつ彼女に近づく男を警戒していて。
お祭り好きの先輩は、楽しい事を探し求めて主人公を巻き込んで。
風紀委員の後輩は、そんな主人公達が騒ぎを起こさないか心配で。

彼女達とのふれあいや、協力。
義務ではなく集まった仲間達との日々や、開かれるクリスマス会は一体どんな物になるのか。

「きっと楽しい者になるわ、ううん。そうするのよ」
「ああ、そうしないとな」

それは、雪の綺麗な時期に向けての事。
それぞれの楽しい思い出と、約束の交差する時間のお話。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

【三次元版ドM荘はこちら】

【最新記事】
【カテゴリ】
【更新情報】
【カウンター】


ブログパーツ