【ドM荘】二次元のM男向け作品を紹介するブログ TOP  >  足コキ全般/生足/靴下 >  【戯画】 シュクレ ~ sweet and charming time for you.~

【戯画】 シュクレ ~ sweet and charming time for you.~



勤めていた洋食屋が潰れてしまった料理好きの主人公・城島景一は、幼なじみの日下部みはるの部屋にやっかいになりながら、職を探していた。
ある日、景一はお気に入りの喫茶店 『リバーライト』 を訪れる。
オフィス街の大通りから一つ裏通りに入ったところ。 大きな川に面した小さなビルの屋上に作られた庭園の中に佇む、ちょっとレトロでおしゃれな喫茶店。落ち着いた雰囲気のその場所は、あたかも都会のビルの狭間に浮かぶオアシスのようだった。

ここも久しぶりだな。そういや、しばらく閉店してたみたいだけど…。
バイト募集の張り紙を横目に見ながら、出された料理を食べる。普通にマズイ。
おかしい、ここの大将は俺が心の師匠認定したほどの料理の腕だったはず。
しかしその大将はいない様子。先ほど料理を出してくれた看板娘の店員さん、そういえば彼女の手は絆創膏だらけだった。
彼女がこの料理を作ったのだろうか?尋ねてみると、大将はひと月ほど前に亡くなっており、今は娘の自分が新しい店長だと言う。
少なからずショックを受ける景一。

数日後、再び店を訪れた景一だが、やはり客は少ない。そしてバイト募集の張り紙は閉店のお知らせに変わっていた。
そうか…いい店だったのに残念だな……。
と、別の客が味についてクレームをつけている。慌てて作り直しに戻っていく彼女。
気になって厨房を覗き込むと、泣きながら必死に料理を作り直している。
「ごめん、差し出がましいかもしれないけど。」
景一は新米店長に断って、料理を作り直し……
さてと…… エプロンを置いて帰ろうとする景一を、店長は呼び止める。
「あの…私、亜麻川千鶴と言います。」
「はぁ。」 つられて返す景一。
そして彼女は続ける。
「あの…もし良かったら…ここで働いてくれませんか?」
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

【三次元版ドM荘はこちら】

【最新記事】
【カテゴリ】
【更新情報】
【カウンター】


ブログパーツ