【漫画】スパイマネジメント2 従順奴隷の作り方

ここでは、「【漫画】スパイマネジメント2 従順奴隷の作り方」 に関する記事を紹介しています。
RJ292193_img_smp1.jpg

RJ292193_img_smp2.jpg

サークル名 モノクロイド
販売日 2020年06月28日 0時
シリーズ名 SchoolMemorys
逆転無し色仕掛け手コキフェラチオ調教言葉責め首輪/鎖/拘束具

さらなる調教のため、すでに開発されてしまった学に女子マネたちの魔の手が迫る
髑髏川学園によるハニ―トラップが、各校で横行するなか、自身の学校にも工作員が
紛れ込んでいることを知った「語部 学」は、その真実を周りに告げることができずにいた。
罪悪感と逃避に苛まれながら日々を過ごす学は、練習中にいつもできていたことが
できなくなっていることに気づかされる。
気落ちする最中、その原因の一人でもある「日都條絆星」が、不意に声をかける。
意識の外。まとまらない思考。それをいいことに、彼女は学の記憶を掘り起こす。
黑ノ芽を含む彼女たちとの肉欲の記憶が、下腹部への刺激によって回帰する。
思い出される彼女たちとの甘く柔らかな時間、今までに体験したことのない快楽。
罪悪感からだろうか、自慰行為を我慢してきた学にとって、激しすぎるその刺激は、
彼の意識を飛ばすのには十分なモノだった。
目覚めた保健室。装着された貞操帯。短パンから見える彼女の素肌。
体が触れる。
彼の脳内では肉欲の記憶がリフレインする。
これ以上仲間を裏切れない。
罪悪感と肉欲のはざまで、揺れる彼の心を知ってか知らずか、彼女は妖艶な笑みを
浮かべながら「ぴぃぃん ぴぃぃん」と、もてあそぶ。 
そう、いくら抵抗したところで、一度肉欲を刻まれた男は、その快楽を忘れられない。
永遠にも感じる時間の中で、その毒がじわりじわりとまわってくる。
弱る自分。そして、その様子を冷めた目で眺める日戸条 絆星に……、
語部 学は興奮していた。

■収録内容
・本文38ページ+α
  (台詞あり38ページ、台詞なし38ページ)
 ・画像サイズ758×1055
 ・合計87p
※ あらすじ等を加えているため、前作シリーズを未読でも問題なく読むことがでます。
※ サンプル画像は、一部抜粋のため本書の並びと異なる部分があります。

■DLSITEで詳細を見る
関連記事

関連タグ : モノクロイド, 色仕掛け, 逆転無し, 漫画,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する