【ドM荘】二次元のM男向け作品を紹介するブログ TOP  >  鞭/拘束/格闘/BDSM/苦痛系 >  【BaseSon Light】 少女猟奇譚 (鞭打ち・手コキ)

【BaseSon Light】 少女猟奇譚 (鞭打ち・手コキ)





【レビュー感想】
1枚目のシチュが凄く良かっただけに残念です。
鞭打ちシーンは尺も短いし、鞭打ちで終わりです。
そのあと何かのMプレイに派生とかはありません。
ここで足コキや蝋燭等のシチュに派生すれば理想的でした。
2枚目は手コキ責めです。
全体的に言葉責めがありますが、Mシチュは鞭と手コキのみです。
キャラデザもいいだけにもう少しMシチュがあれば良かったです。

■ストーリー
『荒れ狂う情愛の前に悲劇は不可避なのか。』
主人公、草間淳一郎は駆け出しの作家だった。
身の回りの世話をしてくれる女中を募集した彼のもとに現れたのは
書生時代に彼が家庭教師をしていた令嬢、保科雪子であった。
箱入り育ちを感じさせない彼女の献身的な働きに心打たれる草間。
かつてとは立場を逆にしたふたりの共同生活が始まる。
同じ頃。
草間は文芸サロンで女王と呼ばれる銀髪の少女と出会う。
彼女の正体はかつて出会った娼婦『奈緒美』だった。
震災の混乱に乗じて上流階級に潜り込んだ彼女は、その美貌と狡猾さで社交界で成り上がっていた。
サロンで開かれる卑猥な秘密倶楽部を覗き見た草間は奈緒美に雪子を蹂躙される悪夢を見るようになる。
そして、悪夢と現実の距離は次第に近付いてゆく。
草間と雪子の二人に執着する奈緒美の思惑は何か。
悲劇の果てに判明する真実とは。

●保科 雪子 (CV:天間あい)
本編のヒロイン。
通いの家政婦として草間の身の回りの世話をする少女。
貿易商の令嬢であったが震災の影響で破産。
父親は行方不明で現在は働きながら病気の母親と二人暮らし。
草間は令嬢時代の彼女の家庭教師だった。
当時も草間に淡い憧れを抱いていたが、再会後は女性としてその想いを新たにする。
お嬢様育ちではあるが気取らずよく働く。
多少天然なところはあるものの、穏やかで微笑みを絶やさない。
清楚な容姿ながら芯は強い。

●橘 奈緒美 (CV:柚原みう)
もう一人のヒロイン。
草間が出入りするサロンを仕切る銀髪碧眼の美少女。
資産家橘夫人の養女であり社交界の華として振る舞う彼女の正体は、
数年前に草間が出会った娼婦であった。
自らの秘密を知る草間へと彼女は接近する。
天真爛漫な振る舞いと人懐こい笑顔に、接する者は皆魅了される。
目的に対する強い意志を持ち、そのためには手段を選ばないところがある。
自分の魅せ方を自覚しており、歳のわりに妖艶な雰囲気だが、ふと子供っぽい表情を見せることもある。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

【三次元版ドM荘はこちら】

【最新記事】
【カテゴリ】
【更新情報】
【カウンター】


ブログパーツ