【ドM荘】二次元のM男向け作品を紹介するブログ TOP  >  足コキ全般/生足/靴下 >  【ポンデウシ】オークストライク2(足コキ)

【ポンデウシ】オークストライク2(足コキ)



■ストーリー

滅ぼされたオーク族、最後の血を引くハーフオークの少年セトが、一族の仇である英雄王を倒す旅に出ます。
旅の中でめぐり合う多くのヒロインたちと共に、時に冷酷に、時にいちゃいちゃしながら、戦略的に英雄王を追い詰めていくストーリーとなっています。

・前作「オークストライク」を遊んでいなくても、すんなりストーリーに入り込めると思いますので御安心ください。もちろん、前作を遊んでいただければ、今作も、より深くお楽しみいただけます。



■システム

・サイドビューATB戦闘、4人PT制です。集めたヒロイン達から3人選んでPTを組むことが出来ます。プレイヤー独自の戦術が活かせる緻密な戦闘をお楽しみいただけます。

・一番のお金稼ぎは奴隷売○。仲間になり得ないモブ女を、奴隷調教して売り払うことで、大金を得ることが出来ます。

・仲間になるのを渋るヒロインは、地下牢でじっくり調教することで、セトの手足になって働く駒(仲間)にすることができます。

・仲間になるヒロインの数は全部で17人。メインヒロインの7人はオリジナルキャラですが、サブヒロインの10人はどこかで見かけた某有名キャラ達です。全員に複数のHイベントを用意してあります。

・ヒロインとのHイベントのほかに、ストーリーの中で突発的に起こるHイベントも複数用意してあります。

・Hイベントの総数は66シーン。もちろん全て回想シーンでいつでも見直すことが出来ます。

・前作同様、クリア後に解禁されるCG集も同梱。ゲームに使われている2倍の解像度で、枚数は618枚になります。

・敵の出現はランダムエンカウントですが、フィールド上の「街道」を歩いている分には敵は出現しません。町から町なら、ほぼノーリスクで移動が可能です。

・前作をはるかに凌ぐ広いフィールド。ですが、スタート地点近くには、遠い地域に船で行ける便利な港があり、一度行った町にすぐ飛べる「テレポ」の魔法も初期から使えるので、移動のストレスは最小に抑えられています。

・コマンド「逃げる」は100%成功します(イベント的な敵以外)。強すぎる敵や、弱すぎて戦うのが面倒な敵と遭遇した時も、あっさり逃げることが出来ます。

・戦闘だろうが移動だろうがイベントだろうが超スピードでぶっ飛ばす、早送り機能搭載。

・プレイ時間はおよそ30時間。全てのイベントを見るとなると、もうちょっとかかるかもしれません。

・エンディングのシーンは7種類用意してあります。

・体験版のセーブデータを引き継ぐことが出来ます。



■メインヒロインの傾向

・騎士オデット
セトの幼馴染。同じ屋敷で育ち、ずっとセトに恋心を抱いていた。
セト大好きで、セトにエッチなことを要求されると、最初は恥ずかしさから嫌がるが、結局なんだかんだで断れない。

・戦士カリン
豪快な姉御肌の女戦士。
自分のことを「女の子」として見てくれるセトに好意を持つ。
エッチには興味があったみたいで、セトのエロ提案に、割と積極的に乗ってくる。

・司祭エリカ
潔癖であることを良しとする女司祭。
自分を性的な目で見るセトに、照れ隠しで強く言いすぎてしまったことを後悔。
その後悔をうまく逆手に取られて、なし崩し的にセトと関係を持つ。

・聖騎士エレナ
冷静で理知的なソフトSの女騎士。
大の将軍マニアで、優秀な将帥の資質を持つセトに興味を抱く。
むしろセトを調教する勢いでセトに接してくる。

・侍コハク
貞淑な女サムライ。
セトに命を救われ、そのことでセトに深い愛情を抱く。
セトの妻のように振る舞い、セトのエッチな要求にも全て笑顔で従う。

・魔術師ブリジット
研究大好きな魔術師(眼鏡)。
セトに生物学的な興味を持ち、セトに関する研究の一環として、性的な関係を持つ。
全てのエッチシーンで眼鏡ありと眼鏡なしが選べます。

・女神イシュタル
性に奔放な女神。
妹プレイやブルマなどで、セトを逆に追い詰める。(社会的に)
ただ、セト的には、そんなプレイもまんざら悪くない。



■その他、こんな人におすすめ?

・「月○」「ドラゴンボー○」「ソードアートオンライ○」「バスター○」「鋼の錬金術○」「fat○/staynight」「マ○」「アラクニ○」「氷○」に出てくるアノ娘と、一緒に戦ったりエッチしたい方。

・たまにはBFじゃないエロRPGを楽しみたい方。戦術性の高い、緻密な戦闘が楽しめます。

・ワクワク感にあふれる、爽快で骨太なストーリーのRPGを楽しみたい方。

・アイテム狩りや、女の子狩りが好きな方。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

【三次元版ドM荘はこちら】

【最新記事】
【カテゴリ】
【更新情報】
【カウンター】


ブログパーツ