【イニシアティブ】意地悪な後輩ちゃんのイタズラエッチで恋人おねだり♪

ここでは、「【イニシアティブ】意地悪な後輩ちゃんのイタズラエッチで恋人おねだり♪」 に関する記事を紹介しています。
意地悪な後輩ちゃんのイタズラエッチで恋人おねだり♪


サークル名 イニシアティブ
販売日 2019年11月07日 0時
シナリオ 久米井さか
イラスト えそらごと
声優 さくら真咲
年齢指定
18禁
作品形式
音声
ファイル形式
WAV
ジャンル
逆転無し色仕掛け手コキ中出し男性受け先輩/後輩
ファイル容量
750.91MB
作品内容

-----------------------------------------------

本作品は

・年下の女の子にからかわれたり、バカにされたい!

・一方的に搾られたい、負かされてたい!

・ソフトな言葉責めが好き!


そんな方におすすめの作品です!


-----------------------------------------------


【あらすじ】


真面目な性格で勉強一筋で努力してきた"あなた”

その努力も実り、今では勉学で名を馳せる有名学園の生徒会長の座についていた。

そして、今年は大事なが受験ある。昨年よりも気合を入れ毎日勉強漬けの日々を送っていた。

ある日……いつものように登校すると、下駄箱に手紙らしきものが置いてあった。

――ピンク色の柄でハートマークのシールが目立った手紙。

誰が見てもラブレターと想像してしまう見た目だった。

あなたは誰かのイタズラだろう……と思いつつも、周りに人が居ないかを確認してから封を切る。


「昼休み、校舎裏で待ってます」


とだけ書かれていた。文面からもラブレターだとわかる一文。

一瞬だけドキッとしたが、冷静に考えると差出人の名前がどこにもなかった。

イタズラだとはわかっていたが、なぜか少しだけ気落ちしてしまう。

一応ラブレターらしきモノをカバンにしまってその場を離れた……。



そして昼休みになったが、どうしても見つけたラブレターのことを気になる。

朝からある考えが頭から離れない。

本当に女の子が勇気を出して手紙を置いてくれたのでは?

もしかしたら、今もまだ自分が来ることを信じて校舎裏で待たせてるもしれない……

そんな想像が止まらず、痺れを切らして駆け足で校舎裏へ向かうとーー


「あ~先輩、こっちです! ちゃんと来てくれたんですね~♪」


甘ったるい声が聞こえてきた。

声の方向に視線を運ぶと、知らない女の子が手を振っていた。

まずは想像してた自体になってないことにホッとして、とりあえず呼んでる女の子の元へ向かう。

目の前まで行って気付く。遠目からじゃよくわからなかったが、とてもかわいい子だった。

昼休みも終わりかけで、校舎裏周辺には人の気配がない……。

そのことを確認したかのような素ぶりを見せた後、女の子がクスッと笑いゆっくり口を開ける。


「私、先輩一目惚れしちゃいました……だから、付き合ってください️」


しかし、初対面の女の子と付き合うのには抵抗があったのを理由に断ろうとするが……。


「それじゃあ~♪」


急に後輩が身体に抱きついて、媚びた声である提案をしてくる。


「お互いのことを知るためにも~放課後たーっぷり“お話”しませんかぁ♪」


そして、小悪魔でイタズラ大好きな後輩の“エッチな恋人おねだり”が始まる――


-----------------------------------------------


【キャラ紹介】


■後輩ちゃん

 普段の学校生活では優等生のふりをしてる。明るく性格で友達も多い。
 しかし、裏では気になった人をからかったりイジメるのが趣味。
 男のだらしない顔を見るのが大好き。口癖は「かわいい~♪」
 そろそろ、遊び相手が欲しいと思い“あなた”に目をつける。


■あなた

 勉強漬け日々を送ってたせいで女の子耐性ゼロ。童貞。



-----------------------------------------------



【Truck1:プロローグ】



■概要


人生初のラブレターを貰い、校舎裏に向かうとそこには見知らぬ後輩の姿が……
急に距離を縮められ、抱きつかれるて放課後もお話しましょうとお願いされる。


■セリフ抜粋



「私、先輩の一目惚れしちゃいました♪ だから~♪ 付き合ってください、お願いします♪」
「……え~、なんでダメなんですか~? こんなにかわいい後輩が~お願いしてるんですよ~? 面識がないからーとか。お互いのことをよく知ってからだーとか、そんな考えは古いですよ~♪」 
「ちょっと腕お借りしますね♪ 今どきの女の子はみんなこんな感じで~♪ ぎゅーってくっついて積極的にお付き合いしてるんですよ♪」



【Truck2:誘惑手コキでおねだり編♪】 プレイ内容:手コキ



■概要



昼休みにお願いされ、放課後も後輩と会うことになった。
そして今度は“帰るまでの間お試しで恋人”になりませんかとスカートの裾をたくし上げながら誘惑される……。


■セリフ抜粋

「その勃起したおちんちん、抜いてあげましょうか? くすくす♪ 恋人同士ならえっちなことするのは当然ですよ♪」
「指で輪っかつくってぇ~♪ 今からされることわかりますか? 手コキですよ♪ 手・コ・キ♪ この輪っかでおちんちんしこしこヌキヌキ気持ちいいですよー♪」
「それじゃあ始めますね♪ おちんちん、優しく握って~♪ いきますよ~♪ うーえ♪ しーた♪ じょうげ♪ じょうげ♪ しーこ♪ しーこ♪ くすくす♪」



【Truck3:べろちゅー素股でおねだり編♪】 プレイ内容:キス、ローション素股



■概要


昨日は恋人お試し期間を一日延長することと引き換えに情けなく後輩女の子の手コキで射精してしまった。
今日も後輩が仮恋人としてやってくる。今回はなにをされても揺るがないと決意するが……
「今日はテストも近いんで、勉強教えてください♪」と意外なお願いをされて一安心。
しかし、勉強を教えてくれた“お礼”として急にキスをされ、また快楽に流れていく……。


■セリフ抜粋


「いっちに、いっちに♪ 先輩、ヘコヘコじょーずですよ~♪ ほらぁ、キスも一緒に~♪」
「あーむ、んちゅ、ぢゅるぢゅる♪ じゅるうっ♪ れるっ、ずじゅっ、ぢゅるぅ♪ むちゅぢゅるるるるぅ♪ んふふっ♪」
「お口逆レされながら~女の子の甘い匂いに包まれて、ドスケベでぬるぬるな太ももでおちんちんヘコヘコ♪」
「こんなのされたら頭の中どろどろになって、なにも考えられなーい♪ でも、気持ちよすぎて腰振り止まらないよ~♪ くすくす♪」



【Truck4:意地悪な寸止めオナホコキでおねだり編♪】プレイ内容:寸止め、オナホコキ



■概要


またまた負かされてしまい、今度は一週間もお試し期間を延長されてしまった。
今日もまた小悪魔後輩に呼ばれて、生徒会室へと向かってる最中に誰かに呼び止められる。
振り返ると、顔を赤らめた女の子がいた。そして、女の子は意外な言葉を口にする。
それは数日前にも経験して、今の悩みの種でもある告白だった。
ただ、同じ告白でもひとつだけ違う点があった。
あの舐め腐った態度で距離も近く人をバカにするような後輩とは違い
目の前の女の子はモジモジしながら恥ずかしそうにしている。

誰が見ても“本気の告白”だった。

しかし後輩に指定された時間が迫っている。遅れたら難癖をつけて、また酷い仕打ちをされるに違いない……。
そのため返事を一旦保留にしてから、急いで生徒会室へ向かうと――

「さっき先輩が校舎裏で女の子とお話してたの見たんですけど~♪」

告白現場を後輩に見られていた。そして、浮気の罰として拘束オナホコキでお仕置きを受けることに……。



■セリフ抜粋


「一生懸命我慢してたのにまーたお顔、蕩けちゃいましたねー♪ 先輩のおちんちん弱すぎて、流石に可哀想になってきました♪ くすくす♪」
「ま、ピストンは止めてあげませんけど♪ ずちゅずちゅずちゅ♪ あ~♪ なんか勝手にイこうとしてないですか? バレバレですよ~♪」
「オナホの中、おちんちん震えまくりで射精寸前だって丸わかり~♪ 偽物おまんこに発情しまくりですねー♪ 息もバカみたいに荒げて……きもっ♪ くすくす♪」



【Truck5:恋人記念の生エッチで搾精編♪】プレイ内容;キス、騎乗位



■概要


遂に後輩のおねだりに完全敗北して正式な恋人として付き合うことになった。
週末はデートをして……その後には後輩彼女の家に呼ばれて部屋に入るが――

「今日はぐーぜんにも親が帰って来ない日なんですよぉ~♪ そして部屋の鍵も~がちゃん♪ 閉めちゃいました~もう逃げられませーん♪」


■セリフ抜粋


「せんぱぁい……好き、大好きです♪ 好き♪ 好き♪ 好き♪ 好き♪ 大好き♪ 先輩の赤ちゃん欲しいです♪」
「子宮にびゅるびゅるって精液くださぁーい♪ 私の中に出して? ねぇ~お願い~出して~♪ ねぇってば~♪」
「んもぅ♪ んむっ♪ ぢゅるるるぅ♪ じゅるじゅる♪ ぢゅぷっ♪ ぢゅるるるぅ~~♪ んっ……あはっ♪ 壊れちゃイヤですよー♪」
「イヤっ、大好きな先輩壊れちゃイーヤ♪ 好き♪ 好き♪ 好き♪ 好き♪ 先輩が大好きなんです……♪」



総再生時間:約1時間20分



効果音有り、無しの2パターンご用意してます!

意地悪な後輩ちゃんのイタズラエッチで恋人おねだり♪
関連記事

関連タグ : イニシアティブ, えそらごと, さくら真咲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する