【Softhouse-seal】おねだり☆Princess Hのお勉強=摩って擦って擦って摩って(足コキ・黒ニーソ)

ここでは、「【Softhouse-seal】おねだり☆Princess Hのお勉強=摩って擦って擦って摩って(足コキ・黒ニーソ)」 に関する記事を紹介しています。
大陸ヴィアートには数十の国家が乱立し、いがみ合っていた。
全ての国家が大陸を支配することに憧れ、統一の夢を見、毎日のように大陸中で戦端が開れていたのだ。
その中で、最終的に勝ち残っていったのは、大陸の東海岸に位置する、クロヴィリアという国家だった。
クロヴィリアは大陸東部の交通の要所だった。
それだけにクロヴィリアを攻め落とし、交通網を手中に収めようとする近隣諸国は多数存在した。
しかし、クロヴィリアが一国の手に渡るとまずい。
そう考えた近隣諸国は、クロヴィリアに協力し、クロヴィリアと同盟を結んでいった。
それによって、クロヴィリアは大陸東部の商業都市として栄えてゆく。
結果的に小国であったクロヴィリアには、他国の様々な最新技術や金が流入していき、著しい発展を見せていった。
そのことに近隣諸国が気付いた時には既に遅かった。
クロヴィリア王国三代目皇帝アル=クロヴィリアは、豊富な資金と技術を駆使し、強力な軍隊をつくりあげていたのだ。
それから数年の月日経て―クロヴィリア王国は大陸を統一した。
その後数百年の月日が流れ、現皇帝は十三代目ラル=クロヴィリア。
これは、その一人息子であるクロト・クロヴィリアの花嫁探しの物語である…。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する