【Chien/シアン】くるくるファナティック KURUKURU FANATIC

ここでは、「【Chien/シアン】くるくるファナティック KURUKURU FANATIC」 に関する記事を紹介しています。
くるくるファナティック

bandicam 2018-09-02 14-01-56-818bandicam 2018-09-02 14-02-11-794bandicam 2018-09-02 14-02-04-558bandicam 2018-09-02 14-04-57-660bandicam 2018-09-02 14-02-50-730bandicam 2018-09-02 14-03-01-441bandicam 2018-09-02 14-03-16-266bandicam 2018-09-02 14-03-41-661bandicam 2018-09-02 14-03-51-527bandicam 2018-09-02 14-04-01-246

販売日 2012年01月27日
シナリオ O-take / ソウヨウ / 無月如月 / 和端倫
イラスト 大場陽炎 / 明音
声優 海原エレナ / 雪都さお梨 / 松田理沙 / 町田あみ
ブラック・ラブコメディ
メガネロリ幼なじみヤンデレ制服学校/学園バイオレンス拘束処女猟奇狂気

【FANZAで購入する】 【DLSITEで購入する】

「ちょっ!? 俺死んだのっ!?」
死因はたぶん背中への一撃……かどうかはもう覚えちゃいない。
とにかくわかるのは、俺は死んだ。そして復活した。
けれど、このままじゃまた死んじまう! 
あと5日の間に死んだ原因を見つけ出さなきゃ、また誰かに殺されてしまうのだ!
「ま、精々足掻いてみな。人間風情にできるわきゃないけどさ」
そううそぶくのは、俺を蘇らせた自称・天使のファヌルだ。
誰が人間風情だ!?(いや実際そうだけど)
天使だかなんだか知んないが馬鹿にすんじゃねーっ!!(けどまあ事実だし)
あーもう! とにかくチョームカつくぜ! 
けど、やるしかない! 絶対にやるしかないのだ!
それに俺には心強い味方だっている。
幼馴染のわずかさんに、自称婚約者の祀利、そして同級生の弟切さん。
三人がいてくれたら、俺がんばれる! 俺、死ななくてすむかも!
……ってあれ? なにその光るモノ。
もしかしてキミが犯人とか? ……ち、違うよね?

■□■キャラクター紹介■□■
●影宮 わずか (CV:海原エレナ)
身長:162cm 体重:53kg
胸囲:89G ウェスト:55 ヒップ:86
誕生日:3月29日 血液型:B

主人公の幼馴染であり、1つ年上。
かなりの美貌であり、また巨乳という恵まれた容貌の持ち主だが、
ひどく無口であり、その顔に表情らしい表情が出たことはない。
しかしその実は極めて直情的な気質な持ち主であり、
こうと決めたら必ず実行する頑固かつ強引な性格を備えている。
幼い頃、主人公に命を助けられたことがあり、それ以来ずっと彼を慕ってている。

「……気にしないで。好きでやっていることだから」

●祀利・カルナヴァル (CV:雪都さお梨)
身長:146cm 体重:38kg
胸囲:72AA ウェスト:48 ヒップ:78
誕生日:12月25日 血液型:AB

主人公の遠縁の親戚であり、自称婚約者。
幼い外見のまま、それに見合う子供っぽいおっとりとした口調で喋る。
しかし実際は、逆。
彼女の父が手を染めてきた非合法の事業により、
幼い頃から相当の荒事をくぐりぬけてきた祀利は、極現実的な考えの持ち主である。
全身に銃器を携え、自分の命と誇りを全力かつ先手必勝で獲得する(つまりは殴られる前に殺す)
という、かなり危険な思想を持っている。

「抱っこっ!……え〜、だめなのぉ?パクってしたげても、だめぇ?」

●弟切 かごめ (CV:松田理沙)
身長:154cm 体重:50kg
胸囲:80C ウェスト:65 ヒップ:88
誕生日:2月29日 血液型:O

主人公の同級生。
……だが、クラスでひどく地味な存在であるため、彼はがめの存在に気づいていなかった。
無口で人見知りが激しく、常に猫背で顔を伏せ、ぶ厚い眼鏡をかけたその容貌は、ちゃんとすれば美人
……というわけではなく、やはり性格と同じくひどく地味である。
話しかけられてもオドオドと卑屈な笑みを浮かべ、どもりがちであるため、
次第に近づく者は誰もいなくなり、そして空気のような存在となった今に至る。
そんなかごめと奇妙な縁で知り合った主人公は、彼女の極めてディープな趣味の世界を知ることになる。

「う、うちの弟はそんなことしないんだから!」

●ファヌル (CV:町田あみ)
身長:150cm 体重:50kg
胸囲:80B ウェスト:58 ヒップ:83
誕生日:不明 血液型:不明

主人公を生き返らせた死を司る天使。
その容貌は中性的であり、少年とも少女ともつかぬ可愛さを備えている。
しかし、その言動は憎たらしいの一言。
口を開けば悪態か皮肉、そして常に相手を見下した嫌味なものである。
現在、遠縁の親戚という虚偽の記憶をわずか達に植え付け、主人公の家に居候している。

「ま、どうせ何もできないだろうけど、足掻いてみるかい?」
関連記事

関連タグ : シアン, ヤンデレ, 足コキ, 逆レイプ, 手コキ, ロリ, オナホ, アナル責め, 拘束, ペニバン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する