【Casket】家神女房 残念美人な白狐と同棲始めました。

ここでは、「【Casket】家神女房 残念美人な白狐と同棲始めました。」 に関する記事を紹介しています。
家神女房 ~残念美人な白狐と同棲始めました。~
bandicam 2018-08-02 01-03-02-937

bandicam 2018-08-02 01-02-47-342

bandicam 2018-08-02 01-01-45-063

bandicam 2018-08-02 01-02-16-040

販売日 2018年07月27日 0時
シナリオ 新井しーな
イラスト YU-TA
声優 広深香菜
家神様と田舎で同棲スローライフADV
ラブラブ/あまあま同棲純愛獣耳巨乳/爆乳

DLSITEで購入する

本作はヒロインとの婚姻・結婚生活を強く押し出した作品です。
シナリオ前半部分はヒロインとの同棲から結婚に至るまで。
そしてシナリオ後半部分は濃密な結婚生活をメインに描いております。

人間とは少し違う、『家神様』とのイチャラブをご堪能ください。
家神とは?
本作品の舞台となる『とします村』は、神が住まうと言われていた霊山を切り拓いて作られた集落で、
各家ごとに一体、八百万の神と契約を結び、共存する契約を結ぶ習わしがあります。

契約を結んだ神様を『家神』と呼びます。
その種類は様々で、雪女や河童、座敷童――いわゆる妖怪と呼ばれる存在も等しく家神として祀られています。

家神には神通力という人知を越えた力があり、普通じゃ考えられないような特殊なプレイも可能とか……?
物語
大学2年目の夏休み。
主人公は両親から、旅行で家を空ける祖父母の実家の留守番を頼まれることになった。

十年ぶりに訪れた『とします村』――そこは人口百人ほどの、いわゆる超田舎。
ここで一ヶ月、一人で過ごすのか……。
げんなりする主人公を家で出迎えたのは、狐のような耳と尻尾を生やした美しい女性だった。

「お久しお久し。のう旦那さま、あの時の契りは憶えておるかの?」

うかのと名乗ったその女性は、自らを『家神』と名乗り、主人公の妻だと言うが……?

甘えたがりだが健気な家神様と、突然始まった田舎での同棲生活。
それを通して、主人公は『人との絆』『自分のやりたいこと』を見つけ出していく――。
家神紹介

●うかの (CV:広深香菜)
種族:白狐
プロポーション:163cm B90/W64/H92
好き:肉類全般、甘えること、田舎にはない真新しい物
嫌い:油揚げ、働くこと

齢400年を超える白狐の家神。
主人公の祖父母の家に住み着いている(護っている)。
気品ある、いわゆる『美人のお姉さん』といった佇まいだが、性格は子供っぽく案外だらしがない。(本人曰く、『主人公に長い間放置されたせい』)
都会暮らしに憧れており、何かと人から伝え聞いたカタカナ言葉を使いたがる。
小さい頃、主人公にプロポーズされ、それを承諾したらしいが、肝心の主人公がその事を忘れていた為に少し拗ねている。

「じゅーんぶらいど、じゃったか? わしなー、常々それに憧れておってなー♪」
関連記事

関連タグ : キャスケット, 手コキ, パイズリ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック