【Azurite】あくまで、これは〜の物語

ここでは、「【Azurite】あくまで、これは〜の物語」 に関する記事を紹介しています。
bandicam 2018-04-02 22-47-30-317
bandicam 2018-04-02 22-47-45-311

bandicam 2018-04-02 22-47-51-759

bandicam 2018-04-02 22-47-24-028

bandicam 2018-04-02 22-47-16-238

bandicam 2018-04-02 22-47-08-835

bandicam 2018-04-02 22-47-02-764

bandicam 2018-04-02 22-46-39-018

bandicam 2018-04-02 22-46-31-530

bandicam 2018-04-02 22-46-10-670

bandicam 2018-04-02 22-44-51-668

bandicam 2018-04-02 22-45-09-009

対応OS: Windows Windows:7/8.1/10
原画: 七尾奈留 ななろば華 みけおう
シナリオ: 西東おすし
ブランド: Azurite
ジャンル: 恋愛 サスペンス ミステリー デモ・体験版あり DMM独占販売 DMM GAME PLAYER対応作品

■DMM
http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/digination_0002/geien2008-002

とある山奥の田舎、といっても都会へ繋がる新幹線は通っているし、
近くには湖や登山客で賑わう山もあり、そこそこ栄えている。
そんな町に住む『城一』は、数年来の友人である『えみ』の演劇を見ていた。

それはフィクションであるが、劇の役から見ればノンフィクションの物語。
『えみ』は演者として、『城一』は観者としてそれぞれ物語を楽しんでいた。

お祭りの季節--夏。

町はお祭りムードで、『城一』たちは設営のバイトをすることになり新たな出会いを迎える。
寡黙な少女『かな』
活発女子『陽夏海』
おっとりお姉さん『ゆかり』

出会いとは別に一つのささいな事件が起きる。
それは夏休み直前に届いたスマートフォン。

機械に疎い『城一』は、『えみ』にNEELというチャットアプリの使い方を教わる。
そんな中メッセージ通知でスマートフォンがバイブで揺れた。

【友人登録が申請されました】

『城一』の目が曇る。

その差出人名は、自殺した筈の友人からだった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック