【Casket】彼女が異種族(ミュー)だった場合 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教

ここでは、「【Casket】彼女が異種族(ミュー)だった場合 教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教」 に関する記事を紹介しています。
bandicam 2018-04-02 20-03-27-390
bandicam 2018-04-02 20-03-34-148
bandicam 2018-04-02 20-03-58-823
bandicam 2018-04-02 20-08-58-810
bandicam 2018-04-02 20-09-05-743
bandicam 2018-04-02 20-08-43-439
bandicam 2018-04-02 20-07-23-571
bandicam 2018-04-02 20-08-20-588
bandicam 2018-04-02 20-04-29-501
bandicam 2018-04-02 20-04-41-037
bandicam 2018-04-02 20-05-53-747
bandicam 2018-04-02 20-05-10-469
bandicam 2018-04-02 20-06-18-246
bandicam 2018-04-02 20-06-23-279
bandicam 2018-04-02 20-06-28-234
bandicam 2018-04-02 20-06-54-705
bandicam 2018-04-02 20-04-20-162
bandicam 2018-04-02 20-04-29-501

■レビュー感想
前作と似たようなシチュで基本は受けシチュではあります。
ただ和姦にも近いシチュも多いです。
ただ一部のシチュのBGMや操られたりする所とかヴァンパイア特有のシチュがある
もう少しハードなシチュがあるかなと思ってたんですが、ソフトなシチュが殆どでした。

■DLSITE
http://www.dlsite.com/pro/dlaf/=/link/work/aid/doemusou/id/VJ011357.html

■DMM
http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/ggs_1098/geien2008-002

【1、異種族がいる世界で。】
異種族(ミュー)。
それはサキュバスや吸血鬼といった、人間とは異なる種族の総称。
もし異種族の女の子が彼女になったら、どんな恋人生活が待っているのだろう――。
今作では、異種族が当たり前のように受け容れられている世界を舞台に、
フツウとはちょっと違った彼女とのエッチな恋人生活をお届けします。

【2、教え子に支配され、攻められるマゾ向けゲー】
ヒロインであるヴァンパイアは、新任教師の主人公が担任を務めるクラスの生徒。
異種族であるヒロインにいつしか恋愛感情を抱いていた主人公は、
とある事件をきっかけに血を吸われ、ヒロインの為すがままになってしまいます。
後述のヴァンパイア設定をシナリオに絡めながら、立場が下であるはずのヒロインに
ねちっこく攻められる、濃厚なエロシーンを詰め込みました。

【3、ヴァンパイアの性質】
ヴァンパイアには長い歴史があり、かつては人間の血を吸う捕食者として活動していました。
その名残で、ヴァンパイア族には人間から効率的に血を吸うための
様々な『力』が備わっており、また価値観も人間とは異なる部分があります。

●媚薬効果のある唾液
唾液には血液の凝固を妨げる成分が含まれている他、痛覚を麻痺させる麻酔・媚薬効果が備わっている。
噛みつかれた人間は快感を流し込まれ、抵抗をやめてしまう。
依存性もあり、ヴァンパイアに血を吸って欲しいと願う男性も少なくない。

●洗脳・催眠
ヴァンパイアの紅い目には催眠、洗脳効果があり、
一度血を吸った相手を意のままに操ることが出来る(これを『契り』と呼ぶ)。
その為、吸血は法律上禁止されている。

●完全女性上位社会
ヴァンパイアの社会は完全女性上位。
女性に奉仕し、服従することこそが男性の責務であり喜びだとされている。
また、ヴァンパイアに魅入られた人間は人間相手では味わえない快感の虜になり、
廃人同然になり、身を滅ぼすと言い伝えられている。

【4、もちろん逆転はなし、充実のHシーン】
教え子のヴァンパイアに支配され、あまーく虐められ、調教される。
そのテーマにのっとり、様々なシチュエーションを収録しました。

彼女が異種族(ミュー)だった場合 ~教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教~
関連記事

関連タグ : サキュバス,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック