【ドM荘】二次元のM男向け作品を紹介するブログ TOP  >  足コキ全般/生足/靴下 >  【ソフトハウスSORA】俺がヤマタノオロチなら(足コキ・踏みつけ・黒スト・パイズリ・騎乗位)

【ソフトハウスSORA】俺がヤマタノオロチなら(足コキ・踏みつけ・黒スト・パイズリ・騎乗位)



【レビュー感想】
良かったのは踏みつけ足コキです。
ソフトな足コキでなく痛系で言葉責めあり
他にパイズリや騎乗位等の受けシチュもあります。
キャラは足コキと同じ先生が該当
ただ足コキシーンだけBGMなしだったのが不満でした。
受けシチュで明るいBGMならいらないけど、暗めのBGMならあったほうがいいです。

【作品紹介】
それは美しい港町……俺の故郷……須賀町……。
北側は海、南側は山。
温暖で平和な小さな町。
小さいと言っても、ショッピングモールは有るし、図書館とか、プールも有る。
ただ、映画館とか遊園地は、電車でちょっと行かないと楽しめない。
時間が穏やかに流れる、俺の町。
そこで俺は、幼なじみの山代マイ(やましろ まい)と仲良く暮らしていた。
橘ゆずの(たちばな ゆずの)も幼なじみなんだけど、俺とはちょっと距離感がある。
でも、マイとゆずのが大の仲良しなので結果的に子供の頃から、朝から晩まで、走り回って遊んでいた。
マイとゆずのの友達で、同じクラスの八樹さゆり(やつき さゆり)という、
ちょっと風変わりな女の子も居る。八樹さんはなぜか俺に付きまとってくる。どうしてだ?
上級生で生徒代表の播磨幸穂先輩。(はりま ゆきほ)
この人は、学園中の憧れだ。
実は俺も憧れていたりする。
山代マイの父親の山代悌史(やましろ よしのぶ)。
俺がお世話になっている櫛名神社(くしなじんじゃ)の宮司をしている。
俺の悪友で同じ高原学園に通っている秋山慎吾(あきやま しんご)。
そんな、みんなとわいわいと楽しい日々を過ごしていた。
そんな或る夏休み。
俺たちはとんでもない事件に巻き込まれてしまう。
俺の中に居るアイツが目覚めようとしていたのだ……。
俺の名前は、八賀谷翔太。(やつがや しょうた)
つまりは、ヤマタノオロチの生まれ変わりだった。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

【三次元版ドM荘はこちら】

【最新記事】
【カテゴリ】
【更新情報】
【カウンター】


ブログパーツ