【ドM荘】二次元のM男向け作品を紹介するブログ TOP  >  新作/準新作 >  【つるみく】鉄と裸 テツトラ(足コキ・CG2枚)

【つるみく】鉄と裸 テツトラ(足コキ・CG2枚)

bandicam 2016-04-09 10-10-40-974

bandicam 2016-04-09 10-10-49-739

■作品概要
対応OS: Windows Windows:Vista/7/8(64ビット版は動作保証外です)
原画: 桜島サロマ子
シナリオ: チャック雅 まこっちゃ タスク
ブランド: つるみく
ジャンル: 女戦士 触手 野外・露出 調教・奴隷 デモ・体験版あり DMM独占販売 ファンタジー

■レビュー感想
調教ゲーですが、バッドエンドで罵倒足コキエンドがあります。
それ以外で受けシチュらしいシーンはありません。

■作品紹介
遥か昔、狂気の実験を行おうとしていた一人の大魔導師がいた。
地上に住まうあらゆる生物の壁を取っ払い、
性欲を増大させて異種交配を促進させ、新たな生態系を生み出そうという計画である。
計画に気づいた人々はあらゆる国・種族の垣根を越えて大魔導師討伐隊を編成、戦いを挑んだ。
後に【封印戦争】と呼ばれた長い戦いの末、大魔導師は追い詰められ、
滅ぼすことはできなかったため力の源である魔装具と別々に封印された。
魔装具の封印の維持には穢れなき聖女の力が不可欠であり、
人々は封印の地に女性だけの聖王国を建国することで対応した。
───そして、建国から860年。
庇護を条件に付近の都市から男子の子種をもらうことで生き長らえてきた聖王国は、
近年力をつけてきた北の蛮族や女ばかりの国家体制が気に入らない宗教国家との激しい攻防を繰り返していた。
長い時が過ぎたことで大魔導師の封印は半ばおとぎ話のように語り継がれるだけとなり、
人々の記憶から薄れてしまって聖王国の重要性が地に落ちたため、女だけのこの地を制圧しようという輩が増えたのだ。
しかし苦境に立たされた聖王国に、ある日一人の付与術師が現れた。
魔力を付与することで軽量かつ頑強な鎧を作り出す付与術師の技術に活路を見出した聖王女は、
女性ということもあって付与術師を招き入れ、宮廷付与術師として召抱えた。
しかし聖女達は知らなかった。
この付与術師こそ、封印を破って長き眠りから目覚めた大魔導師その人であることを───。

■キャラクター
アナスタシア=オースティン
聖王国【オースティン】の頂点に君臨する聖王女。
先代の女王である母親を失ったばかりで、若くして国を取り仕切っている。
兵を鼓舞するため進んで戦闘にも参加する勇敢な女性であり、自ら敵と切り結ぶような事態は滅多にないものの、
その腕は聖王国随一と言われ、かつて【フィレーユ聖戦女隊】を率いて最後に自らの手で大魔導師を封印したという戦乙女の再来と謳われる。
ただし普段は猛々しさなど微塵も感じられず、高貴な者特有のオーラを纏った物静かな女性。
多忙で抑圧された日々を送っているせいでやや歪んでおり、捕らえた蛮族への拷問等を見学して密かに悦に浸るなど、サディスティックな部分も持ち合わせている。

リナ=パスカル
聖騎士団の団長を務める女性。
かつて討伐隊に参加した【フィレーユ聖戦女隊】の女騎士の子孫で、貴族階級として扱われているエリート。
気品と品格を兼ね備える凛とした女性で、全女騎士の中で最も腕の立つ人物であり、また豊富な戦術・戦略を持つ指揮官としても名高い。
ただしエリート故の気位の高さから、いささか鼻持ちならない部分もあり、また騎士団を統括する身のためか柔軟な思考に欠ける面もある。平たく言えば、お堅い。
基本的には部下から慕われていて信頼も厚いが、中には家柄の低さから軽く見られて不満を持っている者もいる。

ゼノヴィア=アルスール
まだ若いながら、その突出した能力で宮廷司祭の地位を持つ聖女。
神の加護により、悪霊の浄化や治癒の奇跡などを行う。
その力は凄まじく、どんな怪我人でも死んでさえいなければ元通りに治療してしまうと言われる。
どんな悪人にでも情けをかけてしまう心優しい女性。
時には綺麗事ばかり並べる偽善者と呼ばれることもあるが、
それは彼女の本質ではなく、人を助けたいという信念を貫くためならば頑固で融通が利かないところすらあるほど。

フレデリカ=アルクィン
聖騎士団の女騎士の一人で、第一騎士隊の騎士隊長。
聖王国の生まれではなく、貧しい実家のため近隣都市から志願して洗礼を受け、その腕で騎士隊長まで上り詰めた叩き上げの女騎士。
実際には幼少時に親に差し出されたというのが正解だが、建前上志願したことになっている(これは出自が似たような者全員がそうなっている)。
聖王国生まれの者からは低く見られがちだが、同じく外から入ってきた女騎士達には騎士隊長まで上り詰めた英雄として期待と羨望の眼差しを向けられ、
人懐っこい性格と世話焼きで面倒見のいいところもあって慕われている。
柔軟な思考の持ち主で、現場の判断で独自に作戦の変更を行うこともあるため、何もかも正反対な団長のリナからはよく睨まれている。

サリエナ=ハドリー
宮廷魔術師の地位を持つ女性。魔導師団の団長も務めている。
魔術師ながら、鎧を身に付け騎士として前線にも出るため魔導騎士と呼ばれることもある。
白黒ハッキリつけたがる性格で、何事も整然としていないと気が済まない性格。
そのためか正義心も強く、悪・即・斬の理念に基づいた行動はよくゼノヴィアとの衝突を招く。
剣の腕はそこそこだが、魔術との連携によりその強さを何倍にも高めている。
永続的な付与魔術を持つ主人公に並々ならぬ興味を持ち、早々に親しい関係になる。

ヴォルス=タッカーツキィ
聖王国に攻め込んでいる北の蛮族の長。
アシュレイが聖騎士団に魔装具を持ち込んだ事で現在苦戦を強いられている。
北の蛮族は女性の数が減っており、女性の国である聖王国を蹂躙することで存続を図ろうと考えている。
アシュレイの正体をいち早く見抜き、暗殺に失敗した途端すぐさま手を結ぶ狡猾さを持っている。
アシュレイの目的やそのカリスマ性に惹かれ、やがて国を挙げて支援する事を誓う。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

【三次元版ドM荘はこちら】

【最新記事】
【カテゴリ】
【更新情報】
【カウンター】


ブログパーツ