【あかべぇそふとつぅ】光輪の町、ラベンダーの少女(足コキ・騎乗位・CG4枚)

ここでは、「【あかべぇそふとつぅ】光輪の町、ラベンダーの少女(足コキ・騎乗位・CG4枚)」 に関する記事を紹介しています。
kourabe2.jpg

kourabe3.jpg

kourabe4.jpg

あかべぇそふとつぅの大ヒット作『車輪の国、向日葵の少女』の続編が満を持して登場。
『光輪の町、ラベンダーの少女』
■シナリオ:渋谷ハヤト
■キャラクターデザイン・原画:有葉/憂姫はぐれ
■BGM:tiko-μ
■主題歌:「ラベンダーの純然」片霧烈火
■挿入歌:「メフィストフェレスの黙示」Zwei
■エンディング曲:「永遠の向こう」彩音
■初回特典:特典小冊子

光輪の町、ラベンダーの少女 初回版

これといった特徴のない、平凡で退屈な町。
その町にある私立新山学園に通う平凡な学園生である、主人公・椿宗介。
宗介の周りには、ある意味個性的な少女たちがいた。
朝起こしにくる幼馴染。
同じクラスの天然ボケな不思議少女。
金持ちだがおバカなお嬢様。
後輩のガリ勉少女。
だが、そんな賑やかな面子に囲まれながらも、夢もなく、友もなく──
死んだように生きるだけの毎日を宗介は過ごしていた。
そんなある日、宗介は、登校中に立ち寄った公園でラベンダーの香りのする少女と出会う。
その少女はとんでもなく強かった。
20人からなる不良の群れを、竹刀一本で叩きのめすほどに。
衝撃的な出会いのあと、学園に登校した宗介は、自分のクラスに転入生としてやってきた人物を見て驚いた。
その人物は、公園で出会った少女だったのだ。
少女を包む、ラベンダーの香りに惹かれるように、物語は動き出す──。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック