【ドM荘】二次元のM男向け作品を紹介するブログ TOP  >  手コキ/パイズリ/騎乗位/顔騎 >  【ザウス】最果てのイマ COMPLETE(惨殺・騎乗位・フェラ・グロ注意・CG10枚)

【ザウス】最果てのイマ COMPLETE(惨殺・騎乗位・フェラ・グロ注意・CG10枚)























■作品概要
対応OS: Windows Windows:XP/Vista/7/8.1/10
配信開始日: 2015/10/02
ゲームジャンル: ジュヴナイルアドベンチャーゲーム
原画: あらきまき
シナリオ: 田中ロミオ
ボイス: あり
ブランド: ザウス
ジャンル: DMM独占販売 メガネっ娘 フェラ 恋愛 学園もの

■作品紹介
「最果てのイマ COMPLETE」とは
「最果てのイマ フルボイス版」、「最果てのイマ PORTABLE」で追加された新エピソード&新規CG
このすべてを収録した完全版です!!
幼い頃、とある施設で育った主人公「貴宮 忍」には、友達と呼べるものはいなかった。
そんな忍が、姉の「千鳥」と共に施設を出て最初にしたことは、友達を作ること。
近所に住むボーイッシュな少女「紅緒 あずさ」。
同じ飼育委員となった、寡黙であり辛辣でもある「本堂 沙也加」。
地域でも有名な一族に属している兄妹「塚本 斎」と「葉子」。
似た者同士といった感じで惹かれ合った「樋口 章二」。
そして、偶然の出会いから近付いた「伊月 笛子」。
彼らと忍、合わせて7人。
共に友人に恵まれなかった面々が、知り合い、仲間となり、早数年。
物語は、黄昏に彩られた静かな街で幕を開けた。
7人の間で繰り広げられる理解と共感、反発と衝突。
そして、思春期の淡い恋愛感情。
永遠に続く友情。
そんなまどろみのような幸せの中に、ずっといられる―――はずだった。
―――『敵』がその姿を現すまでは。
7人の輪を掻き乱す『敵』。
忍は、それを許さない。仲間を傷つけるものを許さない。
心を傷つけるモノを許したくない。
それに気付いたとき、忍たちを取り巻く世界が変わる。
そこにあるべき新たな世界……聖域……に辿り着く。
これは、そんな。
心を描く物語。
心の果てにあるものを描く、物語―――

■キャラクター
貴宮 忍(あてみや・しのぶ)
主人公。
両親がいないため、施設で育てられた少年。
物心つく以前の記憶がほとんどないが、そのことはまったく気にしていない。
無邪気な少年のように振る舞うこともあれば、円熟味を持った言動をしたりと、不思議なところがある。
友情を、特に7人の輪の友情を重んじており、仲間意識はとても強い。
この7人は子供の頃からの付き合いで、幼なじみとも言える間柄。
「友達にうまくも下手もない。そんな定義、知らないよ」

紅緒 あずさ(べにお・あずさ) CV:みる
子供の頃、忍に命を救われたことがあり、それ以来大好きでいつも周囲をうろちょろしている。
ずっと親しくしていたため様々な面で多大な影響を受けているが、最近ちょっと反抗期気味。
感情表現がナチュラルで、タブーを介さない面がある。
少年的な部分が強いが、それでも少女としての自分であろうと努力している(努力だけは)。
章二とは忍を巡って犬猿の仲。
「チビで悪かったな。そのうち180超えて、おまえのことギッコンバッタンにしてやる」

本堂 沙也加(ほんどう・さやか) CV:風音
何でもそつなくこなす秀才タイプだが、好んで自己主張はしない。
そのため7人組の中でお姉さん的立場にいる。
一見しておとなしいが、その思考は苛烈。
だが、肉体的には少々虚弱。
菜食主義者ではないが、肉類は苦手。
茶道と合気道を嗜む大和撫子。
「そうなの? よくわからないわね…… 若者文化は……」

塚本 葉子(つかもと・ようこ) CV:夏野向日葵
天然系でマイペース。万事に動じない。
頭が良いがのんびり屋で、とろんとした瞳をして、いつも眠そう。
頭を使っている時だけきりっとしているが、大抵はろくなことを考えていない。
自分の大切なものだけ大切にして、あとはさくっと切り捨てるタイプ。
あまり笑わないが、グループの中では時折自然な笑顔を見せることも。
「ところでこのヨメ度の高い娘と一つ結婚でもしてみませんか?」

伊月 笛子(いづき・ふえこ) CV:大花どん
忍たちとは別の進学校に通う、生真面目&強気な少女。
ある種の潔癖性で、他人のミスを指摘せずにはいられない。
そのくせ寂しがり屋で、1人になることを好まない。
また、精神的に弱く、自己犠牲的なところがある。
華美なことには否定的で、規律の乱れや粗暴な振る舞いに対し病的に怯えている。
「仲間うちから落第者なんて出したくないものね」

樋口 章二(ひぐち・しょうじ) CV:柏木誉
忍の親友。
口は悪いが、性格は単純で直情的。
街でも一目置かれる存在で、情報にも敏い。
もともと友人が少なく、家族とは疎遠に育ったためか、心の中ではこの7人の輪を神聖視している。
とりわけ忍に対しては強い信頼と友情を置いているが、全員のことを大切に思っている。
この輪を壊そうとする者がいた場合、全力を持って排除する意志と力を持っている。
肉が好き。肉食獣。
「馬鹿馬鹿しい。小娘の戯言につきあってられるか」

塚本 斎(つかもと・いつき) CV:薔薇珈琲
異常なまでに寡黙な、葉子の兄。
忍と葉子、あとはほんの数人だけが、彼の言葉を理解する。
ストイックな性格で、義を重んじる。
老成しており諦めの早い感はあるが、仲間内では子供っぽい一面を見せることも。
剣道の有段者で、居合いも学んでいる。
厳格な家庭に育ち、自由を知らなかったが、忍と出会って羽を伸ばせる場所を得た。
「いつか…… このつまらない毎日が終わるかも知れない」

イマ CV:松田理沙
一切が謎の少女。
この物語における最大のキーパーソン。
7人の輪にいるようでいない。
いないようでいる。
すべてを知っているようで何も知らず、子供のように笑うかと思えば無機質な目をすることもある。
失われた輪にからむ、彼女の存在は、果たして……?
「おかえりなさい、忍」

貴宮 千鳥(あてみや・ちどり) CV:松永雪希
忍の姉、保護者。そして担任教師。
性格は淡々としているが、性的には少々奔放な面がある。
日常生活は無精。
見た書類や本を瞬間的に暗記することができるが、反面物忘れも激しい。
故意に記憶を操作している節が見受けられる。
『群像委員会』出身の最初期型USERであり、傑作とまで呼ばれた人物なのだが……
「……今まで普通だと思っていたものが、ある日突然に普通ではなくなる」

伊勢崎 宗多(いせざき・そうた) CV:天草シロ
忍とは旧知の仲。
しかし互いに反目しあっている。
というより、宗多が忍に対し絶対的な敵対心を持っている。
目つきも口も悪く、きわめて攻撃的な性格をしている。
目的の為なら手段を選ばず、7人の輪に積極的に介入してくる。
「おまえはそうやって、無限の喪失感を抱えて生きていきゃいい」

南 レイ(みなみ・れい) CV:仲達
ある機関において重要な地位にある少年。
誰に対しても素っ気ない態度で、事務的かつ高圧的な物言いをする。
忍の持つ「能力」に興味を持ち、接触してきたり反発したりする。
あまり感情を表に出すことはないが、忍と出会ってからは少しずつ人間味が出てくるようになる。
霊長類最高峰の物理USER。
「なくなるぞ…… 貴官が守ろうとしているものが、なくなる」

ジーン・ブランシェット CV:山田奈穂
自分は日本人だと言い張る、出生不明の美少女。
ある機関に育てられており、性格は自由奔放で小悪魔的。
時折オヤジ臭いことを言いまくり、周囲を呆気にとらせることがある。
小難しいことを考えるのが嫌いで、ひどく感情的。
社会倫理にも疎いところがあり、人の死にすらなんの感情も覚えない。
A級USER。南の部下。
忍のことを「王様」とか「ダーリン」と呼んだりする。
「あたしたちは、ずっと聖戦に参加するんだって教育されてきたからね」

シャーリー・磯下(しゃーりー・いそした) CV:黒崎猫
ぽわんぽわんしたハーフの女の子。
以前、人為的な事故がありそれ以来少々頭が緩い。
その割に、時折核心をついたり、強い母性を発したりする不思議な少女。
南の組織に在籍はしているが、すでにメンバーには数えられていない。
「貴宮くんすごいなあ。超つよそう」

邑西(ゆうざい) CV:花代銀蔵
知伝子学の権威。
忍の担当医になる、痩身の学者。
青年のようにもみえる外見だが、実際の年齢はもっと高い。
精神医学や哲学にも通じた天才的学者で、南たちの機関でブレインとなる。
忍に対しては、医者と患者という立場で接するだけで、プライベートには割り込まない。
「なぜ謝る。本当の事を言って謝罪する必要などない」

灰野(はいの) CV:安芸怜須ケン
機関において重要な地位にいる白髪の男。
調査部の責任者でもある。
その能力などはすべて隠匿され、誰にもその経歴や実力などが明かされていない。
忍に興味を持ち、部下である南などを寄越したのはこの男で、一方的な見方をすれば諸悪の根源となる人物でもある。
「罪を償うことなどできない。罪は消えない。抹消されない」

相田 幽(あいだ・ゆう) CV:NUCA
南の仲間。
しかし南とは別のチームに所属している。
仲間ではあるが馴れ合う存在ではない。
忍に対して強い敵愾心を抱いている。
「……異分子が」
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

【検索フォーム】
【ブログ情報】

Author:doemusou
感想は書いてない作品もありますが、現在は400作品ほどレビューしてます。画像はネタバレ全開・グロありなのでご注意ください。

三次元版ドM荘はこちら

【カテゴリ】
【最新記事】
【更新情報】
【カウンター】