【ANIM】背教学園 ~操られた信仰~(刺殺・首絞め・強制クンニ)

ここでは、「【ANIM】背教学園 ~操られた信仰~(刺殺・首絞め・強制クンニ)」 に関する記事を紹介しています。


【レビュー感想】
惨殺シチュは大体刺殺な感じですが、首絞めもあります。
惨殺するキャラ以外も受けシチュがあるのでオススメです。
そして惨殺シチュは殆どが一瞬で終わりますが、この作品の惨殺シチュは一瞬です。
拍子抜けする位あっさり終わってしまったのであまり記憶にないです。

【作品紹介】
閑静な山間に立てられた全寮制私立校「聖M学園」。宗教法人を母体とする学園では、
健全な規律と神の教えに守られた多くの学生と教員が日々を過ごしている。
そんな大勢の中の一人、聖M学園で心理学の教鞭をとる阿久津慶介は、
温厚な人物を演じて学生の人気を獲得する傍ら、得意の催眠誘導を駆使し、
学生を、教員を、目をつけた獲物達を洗脳し、凌辱し、
従順な性奴隷「使徒」へと仕立てあげる日々を送っていた。
そんなある日、慶介はついに己の狂った欲望を満たすべく行動を開始するのである。
「──プロメテウスは神の火を盗んだ」
阿久津の「指令」と共に、欲望を剥き出しにして肉欲を満たす学生、そして教員達。
礼拝堂の鐘の音が荘厳に鳴り響く中、学園内で同時多発的に発生する淫行事件。
神の庭に住む穢れを知らぬ子羊が、阿久津の手によって犯され、辱められていく……
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する